• はっぴぃ。商い。行きます。聞きます。提案します。
福祉共済チラシ

会員福祉共済は、全国商工会連合会が運営する、共済制度です。

掛金は月額2,000円からで希望する補償に応じて加算され、国内外24時間補償です。

内容は【けがの補償】【病気の補償】【がん補償】【生命補償】があり、ご希望に応じて必要な補償を付加することができる共済です。

事業主はもちろん従業員さんやご家族の方も加入出来ます。

加入を希望される方、詳細について説明を聞いてみたい方は、串本町商工会の職員にご相談下さい。

けがの補償・病気の補償

会員福祉共済・けがの補償/病気の補償

けがの補償

福祉共済には、まず【けが】に対応した【障害プラン】がございます。

上の表のとおり、加入するタイプに応じて補償金額が変わります。
最もベーシックなプランは2,000円/月で、交通事故、不慮の事故、天災での怪我による、通院、入院、手術、後遺症、死亡等に対して補償されます。

新規に加入する場合は、満6歳~65歳の方が対象で、継続して加入していく場合には満74歳まで継続可能です。継続加入で75歳になった場合には【シニア障害プラン】に自動的に移行するということになります。

病気の補償

この【障害プラン】の掛金に1,000円/月を加えると【病気の補償】をつけることができます。
※健康状態の告知が必要です。

【病気の補償】は単独では加入できず、【けがの補償】とセットでの加入となります。

疾病入院、疾病手術、放射線治療、先進医療に対しての補償となっています。

がんの補償

こちらの【がんの補償】は、この補償のみの単独でも加入できます。

65歳以下の方は3,000円、満66歳以降も掛金6,000円で高額補償を継続します。

がん診断共済金は初期のがんでも「上皮内がん」や「白血症」でも減額されずにお支払い。

高血圧・糖尿病・脂質異常症の持病があってもシンプル「がん」プランに加入できます。 

トータルがんプラン、シンプルがんプランでは、
・がんと診断確定されたとき入院の有無にかかわらず一時金として100万円支給される【がん診断共済金】
・手術の種類により定められた金額が支給される【がん手術共済金】
・入院1日目から無制限で1日あたり10,000円支給される【がん入院共済金】
が共通で補償されます。

トータルがんプランには、がん以外の病気・けがも対象になる【手術共済金】【入院共済金】
【放射線治療共済金】【先進医療共済金】等手厚い補償
がございます。